ロゴ

依頼方法や料金を知っておこう!翻訳会社の実態

>特集>優良な翻訳会社に任せれば高品質な仕上がりになる

翻訳会社を選ぶ際の注意点

依頼者が翻訳会社に求めていることは、何よりも翻訳の質の良さであり、受け取った翻訳がスムーズに読め、完全に理解出来なければ意味がありません。しかし翻訳文を読んでいる中で、訳に対する疑問はしばしば浮かんできます。そんな時、丁寧に質問に答えてくれない業者もあるので、そうしたサービスの手厚くない翻訳会社は選ばないように注意しましょう。

優良翻訳会社を見分けるポイント3選

PC操作

納期が短すぎないかチェック

翻訳は、一つの言語で書かれている文章は一人で行うのが鉄則です。二人以上で行えば、確かに作業は早くなりますが、文章の繋がりが不自然になってしまい、読みにくい訳が完成します。なので納期が短すぎるところは避けるようにしましょう。

校正がなされているか

校正は、訳文に日本語の文法的な誤りやわかりにくい点は無いかを業者が調べてくれる工程です。この工程は、スキップすれば納期の短縮やコストダウンになりますが、訳文の品質は落ちます。翻訳依頼をする時は、作業フローを見て校正が組み込まれていることを確認しましょう。

アフターサービスが充実しているか

もし訳文に分からない点があったら、その疑問を一番解決できるのは翻訳を担当した翻訳家です。そのため仕事の完了後も、その人とコンタクトを取り、質問に応じてもらえることは必要なサービスです。問い合わせや口コミから、このアフターサービスが行われているか見て決めましょう。

優良な翻訳会社に任せれば高品質な仕上がりになる

男性

翻訳会社への依頼方法

翻訳の依頼は、まず見積もりを出してもらうところからスタートします。複数の翻訳会社にメールや依頼フォームから原稿と資料を送って、見積もりや所要時間をメールで送ってもらいます。そして見積もりの中から最も良いと思った会社を選び、本依頼をします。このように、翻訳会社への依頼手段は主にメールです。

男女

翻訳を依頼した場合の料金目安

翻訳の値段は、日本語から外国語なら日本語一文字ごと、外国語から日本語なら外国語一単語ごとに値段がかかるという計算を行います。値段は外国語の種類ごとに決まっていて、例えば英語なら、和訳は一単語8円、英訳は一文字8円です。この値段は対応できる翻訳家が希少であるほど高くなります。

翻訳会社へは早期依頼が大切

海外向けの資料や書類を作る時は、それを出さなければならない納期も決まっていて、時間に余裕がありません。しかし、翻訳会社の翻訳家はいつでも手が空いているわけではないので、翻訳完了が期待より遅くなる可能性も大いにあります。その場合も会社の納期に間に合うように、翻訳はなるべく早期に依頼しましょう。