ロゴ

多言語翻訳を取り入れる!通常の翻訳との違いも確認しよう

HOME>オススメ情報>多くの企業が注目している多言語翻訳を検討しよう

多くの企業が注目している多言語翻訳を検討しよう

女性

多言語翻訳が必要となるシーン

国際的なビジネスやプロジェクトでは、対話相手は英語圏の人だけとは限りません。別言語が母語の人はもちろん、場合によっては複数の言語圏の人と同時に会議をする場合もあります。そんな時、スムーズに会議を進行させるには送られてきた言葉を全てスムーズに理解しなければなりません。そんな時多言語翻訳は非常に有効です。

ウーマン

多言語翻訳を依頼した場合の料金目安

多言語翻訳では、広く使われている言語との翻訳は安く、利用者の少ない言語は費用が高くなる傾向があります。例えば英語との翻訳の場合、相場は日本語一文字に対して8円、英語一単語に対して8円です。それに対してヨーロッパの諸言語は日本語一文字につき10円、対象言語一単語につき15円が目安です。

PC操作

少数言語へも翻訳できる?

翻訳会社は、英語翻訳や中国語翻訳の専門家だけでなく、少数言語の専門家も在籍しています。そのため、確実に対応してくれるとは言い切れませんが、翻訳会社に手当り次第に相談すれば、翻訳したい少数言語に精通しているエキスパートが見つかる可能性は高いです。

シルエット

多言語翻訳を依頼できる会社の探し方

インターネットで検索すれば、多言語翻訳を請け負う会社はたくさん出てきます。その中でも優秀な翻訳会社を探すなら、口コミを見てみると良いです。口コミでは会社の翻訳の精度や対応の態度、金額から利用者がどれだけ満足したかが分かります。それを元に翻訳会社を選ぶのも一つの手です。

多言語翻訳と通常の翻訳の異なる点とは?

同時に色々な言語を翻訳したい

多言語翻訳を利用すると、一度に複数の言語を翻訳できます。翻訳家は基本的に、日本語と英語に加えて第二外国語の合計3ヶ国語の翻訳はできる人達ですが、それより多くの言語の同じ翻訳は難しいです。なので多言語翻訳では、複数人のスタッフがつきます。

一人が丁寧に対応してくれる

一般翻訳は、日本語と別の言語の二言語間での翻訳のことを指します。この場合は、相手の言語に精通したスタッフが一人で、翻訳に携わってくれます。多言語翻訳との大きな違いは、翻訳家一人が全内容を読むことになるので、全体的に意味の通った訳を作りやすいことです。